虫歯の詰め物は何年もちますか?

よくある質問

しみたり、痛んだりしていない歯を治療した後で、かえって痛みが出ることがあるのはなぜですか?
まず”虫歯は痛い"という間違った認識が広がっています。虫歯は、よほど深くない限り痛みは生じないことがほとんどです。虫歯によって中の神経に炎症が生じることで痛みが発生します。しかし、虫歯を削る刺激で一時的に神経に炎症が生じることで痛みが起こることは稀にあります。落ち着いていくことがほとんどですので気になることはお気軽にご相談下さい。
治療した歯が、再度虫歯になるのはなぜですか?
虫歯は細菌感染症です。人により虫歯リスクは様々ですが、細菌が留まる場所は虫歯になりやすくなります。過去に治療した詰め物や被せ物と歯との間に隙間や段がある場合、根本的にブラッシングが不足している場合など様々な要因が考えられます。完璧に磨けている方はほぼいらっしゃらないのが現状であり、定期的な検診・クリーニングは必要不可欠です。
削らない治療とはどんなものですか?
削らない虫歯治療にはレーザーや薬液を用いた方法がありますが、取り残しや再発リスクがあります。歯の内層の象牙質に及ぶ虫歯の場合は当院では最も一般的で確実に”削る”ことで虫歯を除去します。ただ削るのではなく、しっかりと麻酔を効かせたうえで痛みを取り除き、虫歯のみを確実に除去できるよう虫歯を検知する薬剤を塗布し、ルーペや顕微鏡を用いた拡大視野にて精密な虫歯治療を行うことを心がけています。
虫歯は自然に治りますか?
残念ながら虫歯が自然に治ることはありません。小さな虫歯も放置すれば進行し、やがて神経まで達します。神経を取る治療や、場合によっては歯を抜かなければならなくなるなど大掛かりな治療が必要になります。また、治療回数や費用面でも患者様の負担は増えていきます。異常に気付いたら、早めに歯科医院を受診しましょう。
歯の痛みがいつの間にか治まりました。治療は必要ですか?
何パターンか考えられます。1つ目は一時的な歯の神経に起きる炎症が収まった場合。この場合であればそこまで心配はいりませんが、経過を追っていきます。2つ目は神経が壊死を起こし、痛みを感じなくなった場合。痛みがなくなるので治療が必要無いと思いがちですが、確実に治療が必要です。神経の管を通じて深くに細菌が入り込み、歯を支える骨を溶かしていきます。最悪な場合、抜歯が必要になるため、どのような場合でも一度ご来院いただき診査を行う必要があります。
虫歯の詰め物は何年もちますか?
噛み合わせの強さや詰め物の材質、ブラッシングの技術や食生活など生活習慣、詰め物の適合精度により様々なので一概に何年と言うのは難しいですが、保険の材料と自由診療による材料では自由診療のものの方が長持ちすることは科学的に証明されています。
なぜ銀歯の中が虫歯になるのですか?
基本的に保険適応の銀歯は適合が甘いことが多く、隙間や段差が出来てしまいます。さらに、歯と合着するためのセメントの強度が弱いためセメントが経年的に劣化することで隙間が生じます。また、金属の表面は汚れが付きやすく、以上のことから二次的な虫歯が出来やすいといわれています。
セラミックは何年もちますか?
噛み合わせの強さや、ブラッシングの技術や食生活など生活習慣により様々なので一概に何年と言うのは難しいですが、保険の材料と自由診療による材料では自由診療のものの方が長持ちするとは科学的に証明されています。平均して10年以上もつことが多いとされています。
神経処置したのに、痛みがあるのはなぜですか?
歯の神経自体が感じる痛みは消失しているはずですが、歯の周囲の組織に炎症が生じている可能性があります。根の先に感染がある、根が割れている、強い力がかかっているなどの原因が考えられます。

コラムカテゴリ